レーシックを受けた有名人
失敗

レーシックを受けた有名人

いざレーシックを受けると、その後の生活全てを裸眼で暮らすことが出来るために、多くの人が興味を持っているかと思います。
しかし周囲にはなかなかレーシックを受けたという知人や友人は少ないのではないでしょうか?

実際に貴方の友人や知人、もしくはご家族などでこの手術を受けたことのある人がいれば、
その人から実際の体験談などを詳しく聞くことが出来るのですからあまりそういうケースも少ないでしょう。

もし周囲にそのようなレーシックを受けた方がいないようでしたら、誰もが知っているような有名人の話を聞くと安心することが出来るかもしれません。
有名人も受けているのですから、そこまで安全性が高くなっていることがわかります。

例えば、視力が仕事に対して大きな影響を与えてしまうことになるのが、プロのスポーツ選手達となります。
なかなか眼鏡やコンタクトレンズを使用して試合に挑むのは難しいものです。

中には不可能なこともあるでしょう。
プロゴルファーとして世界中で知られているタイガーウッズ。
貴方もご存知かと思いますが、実は1999年にアメリカにてレーシックを受け、視力を回復させることに成功をしています。

数々のタイトルを獲得しているタイガー・ウッズの存在を知らない人はいないでしょう。
アメリカでは1995年にレーシックが認可されており、タイガー・ウッズはその4年後に受けていますので、かなり時代を先取りした選択だったのではないでしょうか?


また、日本人なら誰もが知っている松坂大輔選手。

メジャーリーグで活躍をしていることは知られていますが、レーシックを受けたという事実はあまり知られていないのではないでしょうか?
実はレーシック前は視力0.05だったようですが、術後には1.5にまで視力を取り戻すことが出来たそうです。

最近ではサッカー日本代表の本田圭佑選手がレーシックをしたことが有名です。
このようにいつの時代でもレーシックは多くの有名選手たちに必要とされてきているのです。
レーシックを受けるための条件についても参考にご覧ください。

このページの先頭へ