レーシック手術でどれくらい視力が回復?
失敗

レーシック手術でどれくらい視力が回復?

もし貴方がこれから先レーシックを受けてみようと検討されているのでしたら、まずはレーシックについての基礎知識をきちんと頭に入れておくようにしましょう。
クリニックでも医師から詳しくレーシックについて説明をしてくれますが、クリニックへ行く前に覚えておくことで、より一層安心してレーシックを受けることが出来るでしょう。
また何もレーシックのことについて知識の無い人というのは、「そもそもレーシックでどの程度まで視力を回復することが出来るの?」ということが最も気になることです。

確かに視力回復の程度って気になりますよね。
今現在0.1の人がレーシックを受けて0.3になった!では全く意味がありませんし、この程度の視力回復では、誰も受けようとは思わないでしょう。
ご安心ください。

レーシックではほとんどのケースで1.0以上の視力を取り戻しています。
しかも全体の患者さんの9割がここまでの視力回復を実現しているのです。
1.0もあれば、日常生活に全く支障はありませんし、車の運転だって裸眼で可能です。

これまで一度も車の運転を裸眼でしたことの無い方にとりましては、新しい世界を見ることが出来ることでしょう。
大袈裟かもしれませんが、それほど裸眼生活を取り戻した時の感動は大きなものがあるのです。
ただし全ての方が1.0以上にまで回復するとは限りません。

例えば現在の視力が0.01などかなり低下してしまっている場合には、難しいこともあります。
それでも0.3や0.4といったところまで回復をすることが出来ます。
レーシックは、手術が終わってから視力がどの程度まで回復したのかわかるのではなく、事前の適応検査の段階で医師から「視力を1.0まで回復させることが出来ます」と聞くことになります。
つまりこの段階でもし0.5程度までしか回復が見込めないようであれば、患者の判断でキャンセルすることも出来ます。
まずはやはり適応検査を受けてみなければ判断することが出来ないと思いますので、一度受けてみることをオススメします。

このページの先頭へ