失敗

レーシックの効果は?

レーシックは1995年にアメリカで認められ、今では日本でも一般的な視力回復手術として知られています。
これまで眼鏡やコンタクトレンズを装着して生活をしてきた人がレーシックをすることで、
裸眼で生活をすることが出来るようになるのですから、それは驚くべき医療と言えるでしょう。

しかし気になるのは「本当にレーシックの効果はあるのか?」ということです。

つまり合併症や後遺症といった極稀に発症させてしまうようなリスクを背負ってまで受ける価値はあるのか?ということでレーシックを受けるのに迷いを生じてしまっている方も多いでしょう。
これに対する答えですが「YES」となります。

事実レーシックを受けた人の90%以上が1.0以上にまで視力を回復させることに成功しており、
眼鏡やコンタクトレンズとは無縁の生活を送ることができているのです。

実際にレーシックで視力を取り戻した人の話を聞きますと
「もっと早く受けるべきだった」「こんなにも世界が変わるなんて思ってもいなかった」などと
喜びの声を多数聞きます。
ただ中には1.0まで回復することが出来なかった方もいます。
それは強度な近視の場合です。

例えば元々の視力は0.01という状況ですと、そこまでの回復は難しいです。
もちろん絶対に出来ないワケではありませんが、難しくなるのは確かです。
それでも事前の検査でいくつ程度まで視力を回復させることが出来るのかを知ることが出来ますので、それに納得することが出来ないようでしたら、無理してレーシックを受ける必要もありません。
昔のレーシックと今のレーシックについての記事も興味深いです。

レーシックの効果を確かなものにするためにも、必ず信頼出来るクリニックで受けるようにしましょう。
またレーシック手術をするための医療機器も最新のものを揃えているクリニックが望ましいです。
最新であればあるほど失敗をしてしまうリスクを最大限まで減らすことが出来ますし、なによりも最新機器を導入しているということはそれだけ多くの患者さんがレーシックを受けていることにもなりますので信頼性があります。
こちらのレーシックの体験談についての記事も参考に合わせてご覧ください。

このページの先頭へ