レーシック手術の危険性
失敗

レーシック手術の危険性

どのような手術だったとしましても、必ずそこには危険性があります。
例えば簡単な盲腸の手術でも、100%安全に手術を受けることが出来るワケではなく、人間の手で治療をする以上、危険が伴うこともあります。
そのため、手術前には必ず同意書にサインをすることになり、双方が納得した上で手術が行われるのです。

そしてレーシックについてですが、短時間で受けることが出来て、またお手軽な治療と言えますが、あくまでも「手術」の一つである事に変わり無いのです。
しかも身体の中で特にデリケートで大切な部分でもある「眼」を手術することになりますので、その分リスクは生じることになります。
ですので実際にレーシックを受ける前には、どのようなリスクが考えられるのかを知っておくことが重要なのです。

それでは簡単にレーシック手術を受けることによって生じる危険性についてご説明させていただきます。
まずレーシック手術によって引き起こす可能性のある合併症、後遺症で最も知られているのが「ハロ・グレア現象」と呼ばれる症状です。
このハロ・グレア現象というのは、夜間や暗い場所にて光がぼやけてしまったり、またまぶしく見えてしまうといった現象のことを言います。

このような症状が発症してしまっている間には、夜間の運転をするのは非常に危険な行為となります。
しかしずっと続いてしまうワケではなく、レーシック術後、個人差がありますが数週間から3ヶ月程度かけて徐々に回復してきますのでご安心ください。
以前はレーシックを受けることによって、高い確率で発症すると言われていたハロ・グレア現象ですが、最近では技術が向上しているため、その発症率もかなり低減しています。

またレーシック後ドライアイになってしまう場合もあります。
これは目が乾いてしまう症状ですが、もし発症してしまってもクリニックから提供される目薬を利用すれば緩和することが出来ますのでご安心ください。
ドライアイになってしまっている期間が、目が傷つきやすい状態になってしまっているため、目に対して強い衝撃を与えてしまうことが無いように注意をして生活をする必要があります。

このページの先頭へ