レーシックの向き不向き
失敗

レーシックの向き不向き

レーシック手術というのは近視や乱視、また老眼に対しまして、非常に有効的な手術方法となりますが、この手術を受けるためには事前に行われる適性検査を問題無くクリアしなければいけません。

実は、患者さんの中には手術を受けることの出来ない患者さんもいますので注意が必要です。
事前にそのケースを知っておくと後で「わざわざ時間作って来たのに意味ないじゃん」なんてことを防ぐことが出来ます。

レーシックではフラップを作成します。
そこで角膜の厚さというのは約530ミクロンが一般的な数字となります。
レーシック手術において、このフラップを作るためには、約150ミクロンの角膜を削っていく必要がありますので、計算をしますと約380ミクロンの角膜ベッドがそのまま眼球に残ることになります。

この眼球に残されることになった角膜というのはベッドと呼ばれています。
このベッドがこの数字よりも薄くなってしまいますと、眼圧に耐え切ることが出来なくなってしまい、レーシック術後にまた近視に戻ってしまうことも考えられます。
ただし、強度の近視の方は、この角膜を150ミクロン以上削らなければ、レンズの屈折率を調整することが不可能なのです。

このことから、強度な近視の方はレーシックを受けるのに不向きということになります。
また年齢についてですが、レーシックというのは基本的に20歳未満の方は受けるべきでは無いとされています。
10代はまだ成長段階にありますので、眼球も成長をしている最中です。

ですのでレーシックを受けたとしても、そのまま近視が進んでしまう可能性もあります。
ただ法的に決められているのではなく、20歳未満でもレーシックを受けることは出来ます。
多くのクリニックでは17歳以上がレーシックの適用内となっていますが、その場合には未成年者ということもあり、親の承諾が必要になります。
このようにレーシックには受けられない人、不向きな人などがありますので事前にきちんと説明を受けるようにしましょう。
こちらのレーシックの体験談についての記事も参考にご覧ください。

このページの先頭へ