レーシック手術に保険は?
失敗

レーシック手術に保険は?

日本という国は世界に誇れる国民皆保険制度があります。
知らない人はいないと思いますが、これは国民一人一人がお互いを助け合うことの出来る保険であり、まさに今の日本を支えている重要な制度です。
国民保険は怪我や病気などで病院を受診することになった時に割引されます。

しかし病院にかかったからと言って必ずしも保険が適用されるとは限りません。
例えば美容整形が挙げられます。
美容整形というのは、病気では無く、個人の判断によって治療をすることになりますので、受けるか受けないかは個人の自由なのです。

このようなことを自由診療と言い、国民保険の適用外となります。
さてレーシックはどうなのでしょうか?視力の低下は病気ではありません。
そしてその低下してしまった視力を回復させるのもさせないにも本人の自由となります。

つまり自由診療となることから、国民保険は適用外なのです。
一般的なレーシックの相場料金は10~50万円程度ですので、かなりの負担になります。
しかしクリニックでは、お友達紹介キャンペーンや期間限定の割引キャンペーンなどを積極的に実施していますので、それらのキャンペーンを利用することで通常料金よりも割安で受けることが出来ます。

またもしかしたら貴方が現在加入をしている生命保険がレーシック適用となる可能性があります。
ただ実際に確認をしてみないとわからないと思いますので、一度加入をしている保険会社に問い合わせをしてみてください。
全額保障というワケにはいきませんが、多少の給付金をもらうことが出来ます。

何ももらえないよりは遥かにお得ですので、必ず確認をするようにしましょう。
もしどうしても一括で支払うことが出来ない場合には、ローンを組んでくれるクリニックもあります。
初回のカウンセリング時に、支払い方法についてどのようなものがあるのかを確認し、また総額費用の中に、アフターケアや薬代など全て込み込みなのかなども確認しておくと良いでしょう。

このページの先頭へ