レーシック手術とドライアイ
失敗

レーシック手術とドライアイ

レーシック手術をすることによって、最も多い合併症として知られているのがドライアイとなります。
手術後にドライアイを感じる方は実際に多く、レーシックにおける合併症の代表的なもととして知られています。
しかし、決して永続的では無く、多くの方は概ね3ヶ月程度でドライアイの症状が緩和し、また完全に無くなります。

このようなドライアイが起こっている間はレーシック手術をしたクリニックから処方される目薬を使って対処することになります。
市販の目薬でもドライアイ用の物がありますが、使用は避けた方が良いかもしれません。
ではどうしてレーシックの手術でドライアイになってしまうのでしょうか?簡単に言いますと、角膜の表面を切って視力を矯正することになりますので、切除した部分の神経が無くなり、その結果角膜の表面が少しの間乾きやすくなるのです。

ちなみにドライアイによる違和感や症状についてですが、主に目が乾きやすくなったり、眼精疲労が原因で目に疲労感があったり、目の痛みや目が充血したり、また涙の量が少なくなるといったことが挙げられます。
ただ、これらの症状がさらに悪化してしまうこともあり、そうなると角膜や結膜に対して障害を引き起こしてしまうことになり、手術による治療が必要になるケースもあります。
また、涙が少なくなりますので、目に入ってしまったほこりやゴミなどを上手に流すことが出来ず、目に傷がつきやすい状態となります。

そして眼球の殺菌作用についても低下してしまうために、様々な原因で別の症状を引き起こしてしまうこともあります。
このようにドライアイというのは何かと障害が生じるものですが、そこまで構える必要はありません。
過去にはほとんどのレーシックでドライアイが起こっていましたが、今では手術も進化し、ドライアイになる確率もかなり低下してきています。
一時的に辛いこともあるかもしれませんが、きちんと対応をすれば改善しますし、その後には何の障害も無く裸眼生活を満喫することが出来るのです。

このページの先頭へ